【荷重移動の練習に最適】G-bowlの使い方と関連情報まとめ

G-bowlを助手席に置くマイカーでサーキット走行などをやり始めた人が考えはじめることといえば、「どうすればうまく運転できるようになるのか?」ということだと思います。

というのも、我流でエイヤーっという感じで走り込んでいても、半年ぐらいしてくるとスピードにも慣れてくるため、なかなかタイムアップできないという大きな壁にぶち当たり始めるからです。

サーキットを最速で走り抜けるためにはタイヤをうまく使い切る技術が必要となります。

具体的には、無駄な荷重変動は抑えつつも、荷重移動を適切に行うという素人にはなかなか理解しがたいことをやらなければなりません。

でも、G-Bowl(ジーボール)という荷重の移動や変動をピンポン玉という目に見える形で見せてくれる計測器があれば、自分で自分の走りのどこがダメなのかということを知ることができ、それを改善していくことで走りに無駄がなくなり、結果的にタイムアップすることができます。

今回は、そんなG-Bowlというマニアックな計測器の使い方から関連情報まで、詳しくお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました