【レーシングカート】固着で効かないブレーキのDIYオーバーホール方法

レーシングカートのブレーキキャリパーのオーバーホール中古で安くレーシングカートを購入したりすると、内部でピストンが固着してしまってブレーキが全く効かない状態になっていることがよくあると思います。

こうなってしまうともうブレーキKITの一式交換をしなければならないと思いがちです。

ですが、多くの場合、ブレーキをオーバーホール(ブレーキを分解して内部を洗浄し、ゴム製のシールを新品に交換)してやれば、またちゃんとブレーキが効くようになることがほとんどです。

そこで今回は、レーシングカートのブレーキのオーバーホールを自分で行う方法について、写真付きで詳しくお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました